メインイメージ画像

フリーエンジニアの求人は増加傾向にあります

今からほんの30年くらい前、昭和の時代はおよそ正社員とアルバイトしか、メインの雇用形態がありませんでした。しかし、現代はもっと雇用形態が増えてきており、その中にはフリーランスとして働く場合もあります。そんなフリーランスとなって労働する方はさまざまな業界で増えており、それはIT業界においても同じです。

その中でも近年顕著になってきているのが、フリーエンジニアです。

フリーエンジニアは1つの会社だけで働くというわけではなく、多くの会社を渡り歩きながら仕事をしていきます。1社だけに特定して働くのが社会人の働き方として普通だと思われるかもしれませんが、それでは会社の方針に仕事のすべてをも委ねることになってしまうため、必ずしも自分のやりたい仕事ができるとは限りません。それはエンジニアの仕事に限ることではなくてどんな仕事にもいえることですが、会社に所属すれば基本的には会社の意向に沿う義務があるのです。そんな束縛から逃れたいエンジニアは、フリーエンジニアになるべきです。

フリーエンジニアになればあらゆることが自由でやりたい放題になる、と言う訳では勿論の事ないのですが、それでも特定の会社に所属しているエンジニアと比較するとその自由度は広くなります。

自身で仕事を受け合えば、自分の興味が高いプロジェクト案件の求人が出ていれば、そこに狙いを定め応募できます。それは、自ら営業をかけても良いですし、派遣会社等を通じ紹介してもらうという手段もあります。

フリーエンジニアを雇う企業としては適材適所で人材を用意したほうが人件費削減の目的に適いますので、フリーエンジニアの採用活動をすることがあります。企業としてはフリーエンジニアの生産性に期待しているわけですから、その能力を効率的に集めるためにはこうした求人の出し方が最も合理的です。このように、企業のフリーエンジニアに対する見込みは高まっていますし、フリーエンジニアにとっては追い風が吹いています。

更新情報